シミ取りクリームは、どれがいい?
シミ取りクリームは、どれがいい? > 生活習慣の見直し > 肌をこすることは、シミをつくる原因になるの?

肌をこすることは、シミをつくる原因になるの?

シミのできる原因といえば、誰もが「紫外線による日焼け」を一番に考えることでしょう。

もちろん、紫外線対策を怠ってしまうとシミができやすくなりますし、シミのできる大きな原因の一つであることは間違いありません。

しかしこれ以外にも、日常で私たちが何気なく行っていることが知らないうちにシミを作る原因となっていることがあります。

中でも最も注意したいのが「肌をこする」こと。こするという行為、すなわち摩擦は、肌にとても大きなダメージを与えているのです。

肌をこするとメラニンがつくられる

肌をこする行為がなぜシミの原因になるのでしょうか?

それは肌をこすることにより、メラニンが作られてしまうからなのです。理解を深めてもらうためにまず、メラニン生成のしくみを説明しますね。

肌が紫外線を浴びると、紫外線のダメージから守るために、メラニンを生成するメラノサイト細胞へ、より多くのメラニンを作るように指令が出されます。

メラノサイトは指令を受けるとチロシナーゼ酵素を活性化し、アミノ酸の一種であるチロシンをメラニン色素へと変化させていきます。メラニン色素は肌の防衛のために作られるもので、もしメラニンがなければ、肌は紫外線の影響を肌表面だけでなく真皮層まで受けてしまい、肌はボロボロになってしまいます。

このように元々メラニンは肌にとって良い存在なのです。しかし過剰に作り出されたメラニンがターンオーバー(肌の生まれ変わり)がうまく行われずに表皮にとどまってしまうと、色素沈着によりシミとなってしまいます。

そのためメラニンはシミの根源とされ、美白肌を願う人たちにとっては悪者として見られているのです。メラニンは紫外線だけでなく、肌が物理的な刺激を受けた時にも防衛本能が働き、メラニンを作りだしてしまいます。

肌をこする行為は、肌を保護している皮脂膜や角質層なども剥ぎ取ってしまうことになり、肌に大きなダメージを与えます。ですから紫外線を浴びた時と同様に、肌を守るためにより多くのメラニンが生成されるということになります。

肌をこする洗顔はNG

肌をこする行為を行いがちなのは、何といっても洗顔時。特にメイクを落とす際は要注意。

メイク汚れが残ったままだと毛穴が詰まったり、肌トラブルを引き起こすといわれるために、ついついコットンやクレンジングシートなどでゴシゴシとこすってしまっていませんか?

特に目元は皮膚が薄くメラニンの生成も活発になりますので、アイメイクを落とす際にはなるべく刺激を与えないよう、こすらず優しくオフするよう心がけましょう。

ふき取りタイプのメイク落としではなく、ジェルやクリームなどで洗い流すタイプのものがおすすめです。

クレンジング後や朝の洗顔は、洗顔石鹸をよく泡立てて、泡で肌を包むようにして優しく洗います。朝は忙しくて洗顔も雑になりがちですが、シミをこれ以上増やさないためには是非とも気をつけたいですね。

顔だけでなく、カラダもゴシゴシ洗いはダメ?

入浴時、ボディソープをつけたナイロン製の浴用タオルで体じゅうをゴシゴシと洗っている人は多いでしょう。

なんとなくゴシゴシと洗った方が汚れが落ちて気持ち良い気もしますが、実は顔と同じように、体もゴシゴシとこすり洗いをしてはいけないのです。ナイロンタオルでこすり続けたことで、摩擦黒皮症と呼ばれる色素沈着を引き起こす例も少なくありません。

また、こすり洗いをするともともと皮膚にいる常在菌が洗い流されてしまい、肌の保護機能が低下してしまいます。保護機能が落ちると肌の乾燥や肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなります。肌が乾燥すると常在菌が生息しにくくなるので、さらに乾燥に拍車をかけることに。

また、こすり洗いは皮膚を傷つけてしまい、皮膚はその傷を治そうと保護膜を作って皮膚を弱酸性からアルカリ性に変えてしまいます。正常な弱酸性の皮膚では常在菌の善玉菌と悪玉菌のバランスが取れていますが、皮膚がアルカリ性になってしまうと悪玉菌の数が圧倒的に増えるのです。

この悪玉菌が汗や皮脂を分解すると、不快なにおいの物質を作り出してしまうため、体臭がきつくなってしまいます。体を洗う際はタオルなどを使わずに、手でやさしくなで洗いをするぐらいが肌にとって理想なのです。

顔のセルフマッサージも要注意

顔のシミ、シワ、たるみなどのエイジング対策として顔マッサージをする場合があります。顔マッサージで顔の筋肉をほぐしリンパを流すことで、老廃物を排出し顔のシワやたるみを改善できるのですが、この顔マッサージにも危険が潜んでいることにお気づきでしょうか?

顔マッサージは手で顔を強くさすったり、押し上げたりと、皮膚にかなり強い刺激を与えることになります。顔の筋肉が鍛えられて小顔効果はあるものの、強い刺激を繰りかえすことで肌の真皮層がダメージを受けてしまい、シミやしわの原因になってしまいます。

また、適度なマッサージは血行を良くしますが、強すぎるマッサージによって、逆にむくみが生じてしまう可能性もあるのです。アンチエイジングのための顔マッサージを一生懸命続けた結果、シミが増えてしまった・・・なんてことになっては悲惨ですよね。

そうならないために、顔マッサージを行う際は以下のポイントを押さえておきましょう。

  • マッサージを行う際はオイルやジェル、クリームを塗り、皮膚の摩擦を抑える
  • 強い刺激を与えないよう、力を入れ過ぎず優しく行う
  • 手を使わずに顔の筋肉を動かす、表情筋エクササイズなどを取り入れる

ピーリングで角質を除去するのは肌に悪い?

古くなった角質を取り除き肌の生まれ変わりを促すピーリングは、シミやくすみ、ニキビ肌などの改善に効果的なスペシャルケアとして注目されています。

ピーリングジェルやクリームを塗った上からクルクルとマッサージをするとポロポロと白いカスのような汚れがたくさん出て、それを洗い流すとツルツル肌を実感できる、というのが人気の理由でしょう。

ピーリングジェルでマッサージした時に出てくる白いカスは古い角質が取れているものと一般的には思われているのですが、実はこのポロポロと取れているのは角質が剥がれたものではありません。

ピーリング剤に含まれているゲル化剤が摩擦によって固まったものなのです。実際に角質が剥がされた訳ではないのにピーリング後の肌がツルツルになるのは、ピーリング剤に含まれている「カチオン界面活性剤」という柔軟剤などに使われる成分によるもの。

もちろんそれでも角質ケアの効果はあるのですが、自分で行うとこすりすぎてしまったり刺激が強すぎたりと、ピーリングによる肌への負担がかなり大きくなる場合があるので注意が必要です。

ピーリング後は皮膚が薄くなりバリア機能も弱まって肌は無防備な状態になりますので、保湿を十分に行うこと。やりすぎもNGなので、ピーリングは週に1回程度にしておくのが無難です。

日常に潜む、シミをつくるNG習慣

肌をこすることがシミをつくってしまう原因になることがよくわかりましたが、その他にも、日常で何気なくやっていることがシミの原因になっていることがあります。

朝にオレンジなどのフルーツを食べる

朝食、または朝のデザートに季節のフルーツを食べる方は多いでしょう。特にオレンジやグレープフルーツなどの柑橘系のフルーツは一年中手に入りやすく価格も手頃ですし、さっぱりと爽やかな味わいなので気に入って召し上がる方もたくさんいると思います。

しかし実は、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系フルーツにはソラレンという成分が含まれており、これは太陽に当たると紫外線を吸収しやすくなるという性質を持っているのです。

体内でソラレンが分解されるまでは約7時間かかりますので、食べてから7時間は紫外線に要注意なのです。できれば朝から日中は食べるのを避け、太陽が出ていない夕方から夜に食べるようにするのが良いでしょう。

柑橘系フルーツの他、パセリ、春菊、三つ葉、セロリ、きゅうりなどにもソラレンが含まれているので食卓の具材にも注意しましょう。

曇りの日は日焼け止めを塗らない

太陽が出ている晴れの日は日焼け止めなどの紫外線対策を入念にしていても、曇りの天気だと「日に焼ける心配もないから大丈夫」と誤った考えをお持ちではないでしょうか?

紫外線は、たとえ曇っている天気の日でも、雲を通過して肌にしっかり影響を与えます。室内にいても、紫外線A波はガラス窓を通過して肌に容赦なく降り注ぎます。

また太陽を避けて日陰にいたとしても、紫外線は反射するので油断は禁物なのです。夜以外は、常に紫外線の危険にさらされていると認識して、十分な対策を心がけたいものです。

目の日焼け対策に、濃い色のサングラスをかける

目の角膜が日焼けをすると、メラニン色素を作るように脳が指令を出しますので、目の日焼けを防ぐためにサングラスをかけることは大いにおすすめです。

サングラスと帽子

サングラスの色は濃い方が紫外線を遮るので良いように思いがちですが、実は濃い色のサングラスをかけると目に入る光の量が減るため、目は瞳孔を開いて、光をたくさん取り入れようとします。

サングラスをしていても紫外線を100%防げるわけではありませんので、サングラスの隙間から入ってくる少量の光でも、瞳孔が開いた状態ではより多くの光を取り込もうとするため紫外線を多く浴びてしまうことになりかねません。

サングラスは色の濃淡ではなくUVカット機能の高いものを選ぶようにすると良いでしょう。また、なるべく隙間を作らないよう、顔のサイズにフィットするものを選びましょう。

紫外線は地上からの反射などで様々な角度から入りこんできますので、つばが大きめの帽子や日傘を併用すると安心です。

シミをつくる要因は生活から排除する努力を

ふだんから当たり前のことようにやってきた生活習慣が、実はシミを悪化させる原因になっているかもしれないなんて、結構ショックなことですよね。

とにかく「強くこする」など肌へ刺激を与えることはメラニンが生成される原因となるので、シミを増やしたくなければ避けるようにしたいものです。

顔肌のマッサージ自体はシワやたるみを改善する効果もありますので、続けたいという方も多いでしょう。そんな方は、マッサージの際は必ずジェルやオイル、クリームなどを使って摩擦を最小限に抑えながら、なおかつ力を入れ過ぎないように優しく行うこと。

また、自分のクセには意外と気づきにくいものなので、自分には顔をよく触ったりさすったりするクセがないか、今一度確認してみると良いでしょう。

シミのできる要因は、ほんの些細なことでも生活から排除していく努力を惜しまないことが、シミのない美白肌を手に入れるためには大切なのです。

テキストのコピーはできません。