生活習慣で、加齢によるシミに打ち勝つには?

10代から20代の若い年代では全く気にすることになかった「顔のシミ」。個人差はありますが、だいたい30代半ば頃から徐々に気になってくる人が多いものです。

シミは、加齢とともに必ずできてしまう抗えないものと思っている方がほとんどだと思いますが、実際はそうではありません。

確かに加齢はシミができやすくなる原因の一つではありますが、生活習慣を見直すことで歳を取ってもシミに悩まない肌をキープすることはある程度は可能なのです。

それでは、加齢とシミの関係を詳しく見てみましょう。

加齢とともにシミが増えるのは、なぜ?

ある程度の年齢になると、これまでに紫外線を浴びてきたツケとしてシミが出はじめます。

この紫外線が原因でできるシミのことを「老人性色素斑」とよび、これがシミの中でも最も多いタイプです。シミは、これまでに紫外線を浴びてきた累積が大きく関係しており、一般的には30代後半頃から出やすくなります。

しかし子どもの頃から外で元気良く遊び、海や山、アウトドアスポーツなどでたくさん日焼けをしてきた人は20代後半ぐらいから少しずつシミが出始めます。それではなぜ、ある程度加齢が進んでからシミができるのでしょうか?

紫外線を浴びると肌を守るためにメラニン色素が作られますが、生成されたメラニン色素は皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)によって角質と一緒に体外に排出されるので、ターンオーバーが正常であれば約1ヶ月ほどで元の肌に戻ります。

ところが加齢が進むと、このターンオーバーのリズムが崩れやすくなり、メラニンの排出がなかなか進まず、そのまま色素沈着してしまいシミとなってしまうのです。メラニン排出が滞った状態でさらに紫外線を浴びてしまうと、シミはどんどん増えていくことになります。

しかし、加齢が進んでもターンオーバーが正常なサイクルで行われていればシミとして残る事はなく、紫外線対策を徹底することでシミのない美肌をキープすることがある程度は可能なのです。

ターンオーバーの乱れを改善するには

生きている以上、加齢は避けられないものですから、何もしなければ加齢とともにターンオーバーは乱れ、肌の老化はどんどん進んで行きます。

逆に、ターンオーバーを正常にすることができれば肌老化のスピードを遅らせることができます。ターンオーバーを正常にするには、正しいスキンケアと規則正しい生活習慣がポイント。

肌のターンオーバー

高価な美容液などに頼らなくても、ふだんのスキンケアを正しくしっかりと行うことで肌のバリア機能を高められ、さらに運動や睡眠、食生活などの生活習慣を改善することで新陳代謝を促し、ターンオーバーを正常に導くことができます。

ターンオーバーを整える正しいスキンケア

ターンオーバーを整えるための正しいスキンケアの基本は、正しい洗顔と十分な保湿のみ。洗顔で汗やホコリ、皮脂の汚れなどを取り除き肌を健やかに保つことはターンオーバー正常化のために欠かせません。

皮脂が酸化すると肌の表面に過酸化脂質が増え、肌老化を進ませてしまいます。また肌の汚れをそのまま放っておくと表皮にある常在菌のバランスが崩れ、肌荒れの原因にもなりますので、正しい洗顔で肌表面の古い角質を取り除いてあげることが大切になります。

洗顔する女性

しかし、刺激の強い洗顔剤の使用や洗いすぎにより、肌を傷つけたりターンオーバーを早めすぎてしまったりすると逆効果。洗顔剤は、できるだけ刺激の少ない、肌に優しい弱酸性のものを使用し、力の入れ過ぎに注意してやさしく洗いましょう。

そして洗顔後の保湿はターンオーバーを整えるための最も重要なポイント。正しい保湿の決め手となるのは、皮脂膜、天然保湿因子、角質細胞間脂質の3つの要素。

この3つが健やかに保たれることで、適切な水分量で十分に保湿された肌を得られるのです。洗顔後の肌にはすぐに化粧水をたっぷり与え、セラミドなどの保湿成分が含まれた乳液やクリームでフタをします。

また普段から石油系の化粧品を使用していると角質が厚くなり、ターンオーバーを阻害しやすくなりますので、化粧品を見直してみることをおすすめします。

生活習慣の見直しでシミのない肌に

美容と健康の基本は、なんといっても生活習慣。不規則な生活を送っているとターンオーバーが狂い、肌の老化を一気に加速させてしまいます。睡眠、運動、食事の3つの生活習慣を見直してみましょう。

[睡眠]
睡眠不足は美容の大敵と言われていますが、肌のターンオーバーはまさに睡眠中に行われますので、良質で充分な睡眠はターンオーバーのために不可欠。成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、夜の22時から深夜2時頃にかけてですが、この成長ホルモンが出ていることでターンオーバーにより肌が生まれ変わります。

また、良質な睡眠を取るために欠かせない睡眠ホルモン、メラトニンの分泌も21時頃から深夜にかけて。成長ホルモン、メラトニンが出ているこの時間帯に睡眠をしっかり確保することが大切です。「美肌はまさに、夜につくられる」ことを肝に銘じておきましょう。

[運動]
ターンオーバーの正常化のためには運動が欠かせません。適度な運動をすると全身の血の巡りがよくなり、肌に酸素や栄養が行き渡ります。血行を良くすることは、ターンオーバーの働きを促進させ、その結果健康的な肌を得られるのです。

また、運動をすると自律神経の働きが高まり不眠が改善されやすくなります。運動をして筋肉を使っている時も睡眠中と同様に成長ホルモンが分泌され、ターンオーバーを促進しています。

ただ、普段からあまり運動の習慣がない人が急にやろうと思っても、継続するのは難しいこと。最初から意気込み過ぎず、ウォーキングやストレッチ、縄跳びなど、どこでも手軽にできるものからトライしてみましょう。

たまにはエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を登ってみたり、バスや車に乗らずに徒歩で行ってみたりと、普段の生活の中で体を動かす量を増やすように意識するだけでもかなり変わってきます。

[食事]
栄養バランスのとれた食事が美肌に大きく影響することは言うまでもありません。数ある栄養素の中でも特にターンオーバーと深く関わっているのは、ビタミン、ミネラル、タンパク質。

ビタミンA、ビタミンB群は皮膚の粘膜を健康に保ち、細胞の修復や再生を助けます。またビタミンC、Eは抗酸化作用に優れ、血行を促進して新陳代謝を高めてくれます。

鉄や亜鉛、Lシステインなどのミネラル分や、肌細胞の細胞膜を作る必須脂肪酸(オメガ3系、オメガ6系)もターンオーバーの改善に必須なものです。これらの栄養素は具体的にどんな食材に含まれているのか見てみましょう。

  • タンパク質 … 肉類、魚介類、乳製品、大豆
  • ビタミンA … レバー、卵、牛乳、チーズ、ほうれん草
  • ビタミンB2 … うなぎ、レバー、納豆
  • ビタミンB6 … まぐろ、かつお、にんにく
  • ビタミンC … キウイ、レモン、ブロッコリー、パセリなど
  • ビタミンE … アーモンド、茶葉、魚卵、植物油
  • 鉄 … あさり、干しえび、レバー、卵黄
  • 亜鉛 … 牡蠣、煮干、ココア、豚レバー
  • Lシステイン … 鰹節、小麦、大豆
  • 必須脂肪酸オメガ3系 … サバ、イワシなどの青魚
  • 必須脂肪酸オメガ6系 … コーン油、大豆油

これらの栄養素をバランス良く摂ることが大事ですが、特に意識して毎日摂りたいものは新しい肌細胞の原料になるタンパク質です。

成人女性が1日に必要なタンパク質の量は約50g。卵1個に約6g、豚肉100グラムあたりに約12g、イワシ100gには約19gのタンパク質が含まれていますので、食事メニューを考える際に意識するようにしましょう。

美肌のために摂り過ぎNGの食材

美肌をつくる食べ物があれば、その逆に控えた方が良い食べ物もありますので憶えておきたいもの。しかし、これらは全く食べてはダメということではなく、あくまでも摂取しすぎないほうが良いということです。好きな食べ物をガマンしてストレスを溜めてしまったのでは逆効果です。

[炭水化物類]
白米やパン、パスタ、ラーメン、スナック類などの炭水化物食品ばかり食べていると、ビタミンが不足してしまい肌の老化につながります。

[アルコール類]
お酒類はビタミンCやビタミンEの働きを阻害し、さらにアルコールを分解するために体内の水分が大量に使われるため、飲み過ぎると体が水分不足になり乾燥肌の原因になります。

[カフェイン]
コーヒー、紅茶、緑茶に含まれるカフェインは体に必要なミネラル分を体外に排出してしまいます。美肌に欠かせないビタミンCも破壊してしまうため、カフェインの摂りすぎには注意しましょう。

[スナック菓子、ファーストフード]
ハンバーガーなどのファーストフードやスナック菓子には体に有害な添加物が多く含まれます。有害な物質は肝臓で分解されるのですが、添加物の多い食品ばかり食べていると肝臓に負担がかかりすぎてしまいます。

5年後、10年後にシミのない美肌を目指して

歳をとればシミも増えて肌老化が進みやすくなるのは当然ですが、それは、何も対策をしないで自然に身をまかせている場合のこと。

食べ物や運動に気をつけて日々を過ごすことができれば、それだけで老化のスピードを遅らせ、歳を取ってもシミのない美肌を得ることが可能なのです。シミ のない美肌づくりのポイントは、ターンオーバーを整えること。

そのために必要なのが、生活習慣を整える、ということになります。生活習慣を整える、というのは決して簡単なことではありません。いちどにあれもこれもと欲張っても、長続きしなければ意味がありませんので、今の自分にいちばん必要なことから一つずつ始めてみましょう。

例えば、お菓子が好きで毎日間食をしているなら、最初は週に1日だけ、間食をしない日を作ってみる。それができたら次は週に2日頑張ってみる。そうやって自分なりの課題を作って一つずつクリアして行けば、自信にもつながります。

5年後、10年後にシミのない美しい肌でいる自分を想像しながら、今できることをチャレンジしていきましょう。

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。