シミ取りクリームは、どれがいい?
シミ取りクリームは、どれがいい? > シミ取り美容成分 > トレチノインを用いたシミ取りとは?

トレチノインを用いたシミ取りとは?

病院の皮膚科などで医療用として使用される、シミ取り効果の高い代表的な医薬品のひとつにトレチノインがあります。

トレチノインは、肌のターンオーバーを活発にすることで新しい肌に生まれ変わらせ、シミのない肌にしていくもの。

シミの原因となるメラニン色素そのものの発生を抑える働きのあるハイドロキノンとは、また違ったアプローチでシミ取りを行うものです。

女性の顔のアップ写真

ハイドロキノンとトレチノインは、特徴も性質も異なりますが、医療機関ではこの2つを併用してシミ取り治療を行うことが多くあります。

肌のターンオーバー促進はシミ取りの重要な要素ですから、ハイドロキノンでメラニンを除去しながら同時にターンオーバーを活発にすれば、より効果の高いシミ取りが行なえるというわけです。

しかしトレチノインを使用してシミ取りを行なうことは、肌にとって本当に良いことなのでしょうか?

トレチノインを使うことででてくる副作用などはないのでしょうか?

そこでトレチノインの肌への作用を詳しく見てみましょう。

トレチノインの働きと副作用

トレチノインとは、ビタミンAが変化したもの。食物から体内に摂取されたビタミンAは、体内の酵素の働きでレチノイン酸に変化します。

このレチノイン酸の一種でトランス型と呼ばれる構造のものを薬剤にしたのがトレチノインです。

皮膚細胞は、表皮の一番深い部分(基底層)で生まれ、徐々に形を変えながら表面に押し上げられ、やがて角質となり最終的には垢となって皮膚からはがれ落ちて行きます。

この皮膚細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)は約28日周期で行われるのが一般的です。

ターンオーバーの解説図

トレチノインの一番の働きは、この肌のターンオーバーのサイクルを強力に早めること。

表皮の細胞を活発に増殖させて表皮細胞をどんどん上に押し上げ、その際に、シミの元となるメラニン色素も一緒に持って行ってくれます。

それを続けることで、メラニン色素は外に排出されてしまい、新しい健康な表皮に生まれ変わるのです。

通常、ターンオーバーのサイクルは4週間程度かかりますが、トレチノインの強力な作用により約半分の2週間ほどに早まります。

通常の2倍のスピードでターンオーバーが行なわれるのですから、トレチノインのパワーの凄さが想像できますよね。

しかし、それだけ強力な作用のある成分なら、肌にもかなりの負担がかかっていることになります。

トレチノイン使用開始後数日から1ヶ月の間に、副反応により肌には炎症症状が起こり、激しい乾燥、赤み、ヒリヒリ感などが現れ、ボロボロと皮が剥け始めます。

鏡をのぞき込む女性

これはターンオーバーが一気に促進されたことで生じるものなので、皮膚が成分に馴れて代謝が正常になるにつれて数週間程度で症状は落ち着きますが、無理なターンオーバーにより表皮に出されてしまった抵抗力のない生まれたての皮膚細胞が、外部の刺激によりダメージを受けている場合もあるので油断は禁物です。

このような場合は放置すると悪化して深刻なシミになってしまうこともあるので、できるだけ早めに医師の診察を受けましょう。

トレチノインの使用でターンオーバーが促進された状態は肌のバリア機能が低下しているため、万全なUVケアが必須。

また乾燥しやすくなるので十分な保湿ケアをしながら肌を守っていくことが不可欠です。

薬で行なうシミ取りは、最後の手段に

トレチノインは、副作用に注意しながら慎重に正しい使い方をすれば、確かに高いシミ取り効果が期待できるものです。

しかし、強い作用が働き副反応も激しいため、人によっては我慢できないほどの痛みや赤みが現れることもあり、100%の安心は約束できません。

それに今あるシミを取り除くことができても、また新たなシミができてしまう可能性は十分にあるのです。

新たなシミができる度にトレチノインを繰り返し使用し続け、その度に肌に大きな負荷をかけることは、健康上おすすめできる手段ではないのです。

肉体的にも精神的にも安全で確実な、理想的なシミ取りは、生活習慣の改善とバランスの良い栄養摂取、ストレスフリーな毎日でターンオーバーを正常に近づけること。

そんな小さな努力の積み重ねで、いつしかシミ取り効果を実感できるようになっていくものです。

強い薬を使用してシミ取りを行なうのは、あくまでも応急処置か最後の手段であることを忘れないようにしましょう。

トレチノインを使うシミ取りのまとめ

トレチノインについてその働きや注意点を述べてきましたが、最後にもう一度、トレチノインについてわかりやすくまとめてみましょう。

【トレチノインの働き】
通常の二倍ものスピードとパワーでターンオーバーを強力に促進する。それにより表皮細胞が活発に増殖し、シミの元となるメラニン色素を排出する。

【トレチノインの副作用】
使用後、肌に炎症が起こり、赤みや痛みを伴なう。数週間で落ち着くが、体質によっては悪化してシミが重症化することもある。

【トレチノインの注意点】
使用中は肌のバリア機能が低下するため、万全な紫外線対策と保湿ケアを行う。

トレチノインでのシミ取りを行なう際は、副作用と注意点をしっかり理解した上で慎重に行なうことを忘れないようにしてくださいね。

参考文献

テキストのコピーはできません。