シミ取りクリームは、どれがいい?
シミ取りクリームは、どれがいい? > シミ取り美容成分 > 医薬品に頼るシミ取りの注意点

医薬品に頼るシミ取りの注意点

シミ取りの目的で病院の皮膚科や美容クリニックなどを受診すると、ハイドロキノンやトレチノインなどの外用薬が処方されることがあります。

病院で処方されるシミ取り医薬品と聞くと、注意点はあるものの短期間の使用で非常に高いシミ取り効果が期待できそうですよね。

しかし効果が期待できるからといってシミ取りの医薬品にむやみに頼ることは、シミ取りの根本的な解決にはならず、おすすめできる手段ではありません。

病院で出してくれるものなら安心して使用できそうですが、なぜ頼ってはいけないのでしょうか?

そこでまずは実際の医療現場でよく処方されている2つの外用薬について、どのような薬なのかを注意点と合わせて見てみましょう。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」とも言われており、できてしまったシミを薄くするシミ還元力の強い、強力な美白効果を持つ成分。

通常、肌が紫外線をあびるとメラノサイト内のチロシンがチロシナーゼ酵素と結合してメラニンを生成し、それがシミの元となりますが、ハイドロキノンにはチロシナーゼ酵素が働く前にチロシンと結合してしまう性質があるため、メラニンの生成を抑えることができるのです。

しかしハイドロキノンは漂白力がとても高いため、使いすぎると白斑(皮膚の色が抜けて白くなる状態)になり元に戻らなくなることもあります。

肌の弱い方、敏感肌の方も使用には注意が必要です。ハイドロキノンを塗ると紫外線の抵抗力がなくなるため、日に当たらないよう基本は夜に使用します。

日中に塗る場合は必ず日焼け止めを併用し、紫外線対策を忘れないように。そうしないと紫外線を全て吸収してしまい、逆にシミができたり色素沈着を起こしてしまうのです。

トレチノイン

トレチノインは、ビタミンA誘導体の一種で、肌のターンオーバーを強力に促進する効果のある医薬品。

塗ると数日後に古い角質が落ち、皮が剥けるような症状が出ますが、これを繰り返すことで徐々にキレイな肌に生まれ変わります。

また皮脂の過剰な分泌を抑えてくれるためオイリー肌の改善にも役立ちます。

さらにトレチノインには美肌づくりに必須なコラーゲンを肌の内部で生成し増やす働きもあり、しわの改善やハリのある肌に導くアンチエイジング効果も高い塗り薬です。

使用することで劇的に肌が生まれ変わるものですが、急激にターンオーバーを進めてしまうため肌への負担が大きいので、肌の弱い方は濃度の低いものを使用するようにします。

トレチノインを塗った皮膚が紫外線を浴びると赤みが残ってしまうことがあるので、日に当たらないよう注意が必要です。

シミ取り問題は、医薬品では解決できない?

医療現場で使用されているこれらのシミ取り薬は、医薬品ですから即効性があり、美白化粧品とは比較にならない、強い効果が期待できます。

真剣にシミに悩む人にとってみれば、シミ取りの医薬品を今すぐ使いたくなってしまうのは当然でしょう。

しかし最初に延べたようにシミ取りの手段として医薬品だけに頼ってしまうのはNG。

シミのできる原因は、紫外線に長時間当たったり、加齢によりターンオーバーが長期化してしまうことに加えて、日常的な摂取栄養素や生活習慣などが大きく関係しています。

たとえ医薬品を使用して一時的にシミが改善したとしても、それは、医薬品の働きで体を無理矢理にシミのとれる状態に順応させたということに他ならず、シミの問題を根本から解決したことにはならないのです。

医薬品の力で強制的に得られたシミ取り効果は、医薬品を使い続けることでしか得られません。

医薬品の使用を止めてしまったらまたすぐに、シミ肌に戻ってしまう可能性が高いのです。

ではこれから一生、シミ取りの医薬品を使用し続けたとしたらどうでしょう。

強力な作用を持った医薬品を長期にわたり使用し続ければ、健康上、どこかに良くない作用が働いてもおかしくありませんよね。

肌のシミは生活習慣や摂取栄養素の見直しと改善で、体の中からの根本的な解決作をベースに進めていくことが大切なのです。

医薬品とは距離を置いて、上手な付き合いを

シミ取りはむやみに医薬品に頼らず、生活習慣と摂取栄養素を改善することがその第一歩であることがおわかりいただけたと思います。

しかし、皮膚科でシミ取り医薬品として処方される代表的なハイドロキノンとトレチノインについて、これらがどういった働きのある医薬品であるのかをきちんと理解しておくことも、とても大切なことです。

生活習慣を整えることに成功したら、次のステップでは医薬品を少しずつ使用してみるという手段が必要になることもあるかもしれません。

医薬品は、その反応も効果も人によってさまざまですから、皆に合うものが自分にも必ず合うという保証はありません。

医薬品は絶対な存在ではないのだということを常に心に留め、距離を置いて上手に付き合えると良いですね。

参考文献