シミ取りクリームは、どれがいい?
シミ取りクリームは、どれがいい? > シミができる原因 > 肌の乾燥は、シミの大きな原因

肌の乾燥は、シミの大きな原因

肌の乾燥は美容の大敵。それはわかっていても、乾燥がシミの原因でもあることをご存じでしょうか?

シミの原因というと紫外線だけに注意がいきがちですが、実は肌の乾燥も大きく影響しています。

肌が乾燥していると、それだけでシミができやすくなってしまうのです。シミ取りを行っていく上で、肌の乾燥を改善することは、紫外線対策とあわせてとても重要なこと。

足のマッサージを受ける女性

シミのない美肌を目指すための第一ステップが、肌の乾燥ケアだといってもよいでしょう。

では、肌の乾燥がどのようにシミに影響するのでしょうか。肌の乾燥のしくみから、詳しく見てみましょう。

肌の乾燥とは、どんな状態?

「肌が乾燥している」とはどのような状態のことを言うのでしょうか?

健康な皮膚の場合、皮膚表面の角質層は、皮脂・天然保湿因子(アミノ酸、乳酸など)・角質細胞間脂質(セラミド、コレステロールなど)の3つのうるおい成分が密に重なり合い、それらがバリアとなって紫外線や埃、摩擦などの外的刺激から肌を守っています。

同時に、内側の水分を逃がさないよう働くことで、潤いが保たれています。しかし、この3つの成分は加齢などにより減少していき、減少すると重なりにすき間があき、そこから水分が逃げていってしまうのです。

加齢だけでなく湿度が50%以下になると肌の水分は蒸発しやすくなり、また、洗浄力の強い洗顔料で肌をゴシゴシと洗ったりすることも3つのうるおい成分を減少させてしまう原因です。

うるおい成分が減少し表面にすき間が開いてしまった肌は、乾燥するだけでなく、肌のバリア機能も正常に働かなくなり外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。

肌が乾燥すると敏感肌になりやすいのも、このような理由からなのです。

肌の乾燥がターンオーバーを遅らせる

肌は紫外線などの外的な刺激を受けると、肌を守るために肌細胞からメラニンが生成されます。健康な肌細胞はターンオーバー(新陳代謝)によって一定周期で生まれ変わっているため、生成されたメラニンも古い角質と一緒に剥がれ落ちていきます。

このターンオーバーが正常に行われることが、シミのない健康な肌をキープするための不可欠な要素。しかし加齢や生活習慣の乱れなどからターンオーバーがうまくできなくなると、メラニンが排出されずに残ってしまい、色素沈着してシミの原因になります。

また、肌が乾燥してうるおいがなくなると角質と角質の間にすき間ができ、水分の蒸発がさらに進みます。乾燥が進むと角質層が硬く厚くなり、古い角質が剥がれにくくなってしまいます。

つまり、肌の乾燥はターンオーバーを遅らせる大きな原因なのです。年齢が上がるにつれて体の代謝は落ちていくので、肌のターンオーバーが遅くなってしまうことは避けられません。

しかし、肌の乾燥を防いで角質層のキメを整え、すき間をなくせばターンオーバーも正常になり、シミもできにくくなります。

乾燥から肌を守る、正しいスキンケア

乾燥してしまった肌には、外からの十分な保湿が有効。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿力の高い成分が配合された化粧水を使用し、十分な量を肌に行き渡らせてあげましょう。

高価な化粧水だともったいなくてついつい、使う量を少なくしがちですが、保湿化粧水はケチらずにたっぷりと使うのがポイント。お手頃な価格のものを選んで惜しみなく使えるようにするとよいですね。

化粧水の後は、必ず、油分のあるクリームや乳液、オイルなどをプラスして。油でフタをしてあげることで化粧水を肌に閉じ込め、浸透させます。

また、間違った洗顔が肌の乾燥を招いている場合もあります。洗顔は、肌に必要なうるおいを適度に残しつつ、汚れを取り除くことが大切。

洗顔料はなるべく低刺激のものを使用し、十分に泡立ててから、指の腹で優しく撫でるように洗います。ゴシゴシとこすり洗いをするのは厳禁。

熱すぎるお湯ですすぐのも肌に刺激と負担を与えるので、人肌よりぬるいぐらいの温度がおすすめです。

毎日の食べ物で、乾燥肌を改善する

乾燥した肌には、外からの保湿を行うのと同時に体の内側からもケアしたいもの。肌の乾燥は、食べ物でも改善することが可能です。

肌の保湿力を高めるおすすめの食べ物には次のようなものがあります。毎日の食事に積極的に取り入れて、体の中から、うるおいをたっぷりキープしましょう。

●乳製品
牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品には脂質、たんぱく質、セラミドといった肌の保湿力を高める成分がバランスよく含まれています。1日3度の食事で牛乳、ヨーグルト、チーズ3品を摂取することで、肌の保湿力アップとキメの改善が期待できます。
●納豆
納豆にはたんぱく質、ビタミンE、セラミドなどの保湿成分の他、ヒアルロン酸の約10倍もの保水力があるというポリグルタミン酸が含まれています。納豆は優れた健康効果も期待できる食べ物なので、毎日1食は摂取したいものです。
●緑黄色野菜
ニンジン、ピーマン、ほうれん草、カボチャ、小松菜など、色の濃い野菜に含まれる各種ビタミンが肌の保湿力をアップ。また、βカロテンも豊富で肌ダメージの回復に役立ちます。
●ナッツ類
アーモンドやピーナッツ、ピスタチオ、クルミ、カシューナッツなどのナッツ類は、保湿力を高める脂質、ビタミンB群、ビタミンEが豊富です。
●蜂蜜
蜂蜜には保湿と殺菌の作用があり、美肌作りに欠かせないビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCが豊富に含まれています。
●肉・魚
肉や魚にあるゼラチン質には、コラーゲンがたっぷり。コラーゲンは肌の保湿力を高めるのに加え、肌のハリ・弾力アップにも役立ちます。

早めの乾燥対策で、シミのないうるおい美肌に

乾燥したカサカサの肌は、それだけで老けて見えてしまうもの。それに加えて、乾燥肌はシミを増やす原因になっているのですから、徹底した保湿ケアを行いたいものです。

肌の乾燥が気になる季節といえば、冬が圧倒的に多いですが、実は夏場も冷房や強い紫外線で肌は思った以上に乾燥ダメージを受けています。

ですから、肌の乾燥対策・保湿ケアは1年を通して不可欠なもの。冬場は保湿力の高いクリーム、夏場はさっぱり系のものにするなど、季節に応じて使用アイテムを変えてみるのがおすすめです。

また、年齢を重ねるごとに肌も乾燥しやすくなるので、自分はまだ大丈夫、と思わずに早め早めの対策を心がけるのがベスト。

しっかり保湿で、シミのないうるおいの美肌を手に入れたいですね。

テキストのコピーはできません。